オススメリンク

英語を話せるようになりたいという方は英会話を池袋で通ってみると良いですよ。ここなら英語が苦手な方でも徐々に英会話力が身についてくるので是非利用してみてください。

便利なアイテム

TOEICで高得点を獲得するためとして、万全なTOEIC対策はもちろんですが、その他の便利グッズの活用なども注目を集めています。
まずマークシート用シャープペンです。
これはTOEICだけでなく、技能検定やセンター試験などでも多く使用されているシャープペンです。
マークシート用として作られているため、一般的なシャープペンよりも比較的はやく塗りつぶせ、マークがしやすいとされています。
TOEICを初めとする英会話の試験では時間が勝負となります。少しの時間も無駄にできないため、このシャープペンで時間短縮を狙うのも効果的です。… Read more

高得点をとるためには

TOEIC対策勉強を行う際、全ての問題を制限時間内に解こうとするとかなり困難なことがわかります。
特に英会話に不慣れな日本人にとって、少しでも一つの問題に時間を取ってしまうと、最後の問題まで辿り着くことは不可能に近いでしょう。
うまく時間を有効に使うポイントとしては、問題の説明時間を活用することなどがあげられます。
TOEICでは各Partごとに問題の説明が行われます。各Partごとにその説明時間は異なりますが、およそ2分程度となっています。
その2分を使って、次の問題の先読みをしましょう。こうすることで、リスニングの際、よりスムーズに解答することができます。
リスニングの問題は後半にいくにつれて難易度が上がってきます。その分先読みが重要となってくるので、TOEIC対策をする時はこの先読みの練習もおこなうと良いでしょう。
また、リーディングの試験ではPart5をどれだけ早く終えられるかがカギとなってきます。
Part5は文法や語法、ボキャブラリーの問題となっているため、知っている人にとっては簡単ですが、知らない人にとっては考えるだけ無駄です。
そこで悩んで時間を取るよりは、わからないものはわからないで済ませて、次の問題へどんどん進んでいくことが大切です。
そして、Part7の解答時間をより多く作ることが、高得点獲得のポイントです。
Part7の問題は長文問題となっています。これはSPとDPの2つにわけられています。
SPは基本的に簡単な問題傾向となっているため、ここであまり時間をとらず、次のDPの解答時間を多く作る方が効率的に問題を解くことができます。… Read more

時間配分の目安

TOEIC対策をはじめ、実用英語技能検定試験などの英会話の試験において特に重要なことが時間配分です。
これは大学入試試験などでもよく言われていることですが、試験対策勉強をするとき、本番と同じように制限時間内で解く癖をつけることが大切です。
たとえばTOEICでいうと、200問という非常に多い問題数を全て解くためには、以下のような時間配分が目安となっています。
■Listening 
Part1(10問) : 解答時間各問5秒
Part2(30問) : 解答時間各問40秒
Part3(30問) : 解答時間各問40秒
Part4(30問) : 解答時間各問40秒… Read more

アーカイブ
カテゴリー